マイクロスコープ

マイクロスコープとは?

画像

歯科治療はとても細かい作業が求められえるため、治療における精密度も大切です。マイクロスコープ(顕微鏡)を用いることで、肉眼では見えにくい患部の状態を正確に把握することができます。
マイクロスコープを使用すると、患部を肉眼の30倍程度に拡大することができます。それにより、歯の神経の治療時に根管(神経の管)を多く見つけたり、詰め物や被せ物を正確にセットしたりすることができ、とても大きな役割を果たします。

 

拡大例

画像

肉眼とマイクロスコープでは、上記の様な大きな違いがあります。拡大することで、より精密な治療を実現できます。

マイクロスコープを使うことによる利点

詰め物や被せ物の治療
画像

一見綺麗に仕上がっている詰め物や被せ物。しかし、歯と補綴物の間に、肉眼では確認できないほど小さな隙間が生じていることがあります。その隙間から細菌が入り込んでしまうと、せっかく治した虫歯も再発してしまいます。詰め物・被せ物を隙間なく装着する際にもマイクロスコープを用いて、正確でしっかりとした治療を行っています。

 
歯の根っこの治療
画像

肉眼のみで歯根の治療をすると、歯の神経(根管)を見落として、一部の神経が未処置のままになってしまうことがあります。そのため、歯の根の治療を行うときはマイクロスコープで拡大し、精度の高い治療を行うことが大切です。