自由診療について

患者さんにとってベストな治療を…

フレンド・デンタル・オフィスでは、患者の皆様に最高の治療を施せるよう日々努力しております。ただ、厚生労働省の定めた保険治療の枠内では、限界があるのも事実です。このような場合、保険の枠内を超えて治療することを自由診療といっています。

自由診療には、大きく2つの概念があります

1. 治療内容(治療技術や方法など)自体が、保険が効かない場合(インプラント、矯正など)
2. 治療に伴う材料が、保険が効かない場合(セラミック、ゴールドなど)

自由診療の良いところ

  • 技術や技工に十分な時間をかけ、ご希望もよりじっくりお聞きすることで、満足度の高い治療内容が可能です。
  • 技工物に関しては、より精度が高く、審美性や自然観、それに使用感も良くなります。
  • 身体に害のない材料(セラミックなど)を多く使用します。
  • インプラント、矯正など明らかに保険治療ではできないこともできます

具体的に良いところ

イメージ画像 耐久性
  保険治療に比べて明らかに耐久性が違います。
イメージ画像 機能性
  咬む力が強く、違和感も少ないです。
イメージ画像 審美性
  見栄えが良く、変色もしません。
イメージ画像 生活の質(QOL)の向上
  よく咬むことができ、かつ見栄えも良くなると、性格も積極的になり、ご家族ご友人との会話、お食事も楽しくなります。人生をより楽しくすごくことができ、若返り(アンチエイジング)にもつながります。

お口の健康は全身の健康に大きく関わっています。歯周病の細菌が原因で、心臓病、動脈硬化、ガン、老化、リウマチ等になることも医学的に証明されています。自由診療の費用は保険診療に比べると高くなりますが、身体への影響度、見栄え、快適性、耐久性などを考えると決して高くはない治療です。十分に検討してお選び下さい。