入れ歯

違和感なくしっかりと噛むために ~入れ歯治療~

入れ歯は、失った歯を補う補綴(ほてつ)治療の1つです。保険診療でも噛む機能は補えますが、自費診療で製作する入れ歯はフィット感や噛み合わせに優れ、快適な使用感を得られます。川口の歯医者「フレンド・デンタル・オフィス」では、患者さん一人一人に合った入れ歯治療を案内します。現在お使いの入れ歯に何かご不満がある場合は、お気軽に当院へご相談ください。

新しく入れ歯の作製をご検討中の方へ

「入れ歯がズレて痛い」「入れ歯でうまく噛めない」「入れ歯の見た目をなんとかしたい」など入れ歯の使用に関して悩みを抱えている方もいるでしょう。入れ歯がお口にぴったりフィットしていない場合や、噛み合わせのバランスが悪い場合、入れ歯が当たる粘膜や歯ぐきにトラブルが起きたり、入れ歯を支える歯や顎の骨に過度の負担がかかったりして、顎の骨が痩せてしまうリスクがあります。

入れ歯をお使いの方は、「入れ歯だから違和感があっても仕方ない」と諦めてしまうことも珍しくありません。しかし、入れ歯は常に調整しながら使うものです。また、保険適用の入れ歯と自費診療の入れ歯では、材質や快適さが大きく異なります。そのため、入れ歯でお困りでしたら、まずはお気軽に当院へご相談ください。当院では入れ歯治療以外にもインプラント治療、ブリッジにも対応していますので、患者さんのお口の状況に合った最適と思われる提案をします。

「フレンド・デンタル・オフィス」の入れ歯づくりの特徴

当院の入れ歯づくりは、患者さんのお口の中を精密検査でしっかりと把握し、精密な型採りを行ったうえで、お口周りの筋肉の状態や動きを踏まえて調整を行いきます。また、入れ歯の製作は当院の母体である「医療法人社団 歯友会」の歯科技工所で行います。入れ歯、差し歯、詰め物、被せ物などの歯科技工物を手がける歯科技工士が、ご要望によっては治療に同席することもあります。「フィットする入れ歯づくり」を安心してお任せください。

当院では、保険適用の入れ歯づくりはもちろんのこと、自費でしか使えない素材やさまざまなタイプの入れ歯についてもご相談を承っています。自費診療の入れ歯であれば、患者さんのご要望に合わせて、見た目・価格・使用感のうち何に重きを置いた治療をするかによって、さまざまな提案が可能です。保険適用でも自費診療でも、当院では患者さんに適した治療を案内することを心がけています。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

保険適用の入れ歯
自費診療の入れ歯
素材 歯科用レジン(プラスチック)のみ 金属やシリコンなど、さまざまな素材の中から選択できる
タイプ 限定される
部分入れ歯は金属バネのあるタイプ
最新の技術を使った多様なタイプがある
見た目 入れ歯だと分かりやすい パッと見ただけでは入れ歯と分からないほど自然
耐久性 時間の経過とともに劣化する
衝撃が加わると壊れやすい
耐久性の良い素材が選べる
壊れにくく長持ちする
使用感 素材の性質から床が厚くなり違和感がある。部分入れ歯は金属バネをひっかける歯に負担がかかる 使用感をもっとも重視した入れ歯ができる。金属などは床を薄くでき、熱伝導も良いので食べ物の温度も伝わりやすい
修理 壊れやすいが修理がしやすい 壊れにくいが修理がしにくい
製作期間 比較的短い(約1ヶ月) 比較的長い(素材による)
費用 安価 高価

「フレンド・デンタル・オフィス」の取り扱い入れ歯(自費)

金属床義歯

歯肉に当たる床の部分が、金属(ゴールド、コバルト、チタン)でできた入れ歯です。薄くて軽いため装着感が良く、食べ物の温度を実感できます。また、耐久性が高く、衛生的な点も特長です。

コーヌステレスコープ義歯

支えとなる歯に内冠を被せ、義歯の内側にある外冠と組み合わせることで装着する義歯です。内冠と外冠を合わせた際の摩擦力によってお口の中を固定します。まるで茶筒のように引っかかりがあるわけではないのにしっかり密着する原理と同様で、お口の中でしっかり義歯を固定することができます。外見的にも機能的にも非常に優れた義歯です。

マグネット式義歯

重度化した虫歯によって根元しか残っていない歯根に対して支えとなる金属(キーパー)を入れ、セットした小さいマグネット(磁石)によって固定させるタイプの義歯です。強力な磁力によって張りついているので義歯がガタついたり、ズレたりする心配が少なくすみます。磁力の強さは調節できるので、部分義歯だけでなく総義歯にも適用できます。また、装着・取り外しも簡単でお手入れもしやすい点も特徴です。

ノンクスプデンチャー

他の部分床のように周りの歯に義歯を安定させるための金属のバネを使用しない義歯です。審美性に優れています。

入れ歯は毎日のお手入れが必要です

毎日使用する入れ歯は天然の歯と同様に歯垢が付着するため、放置すると臭ったり、虫歯や歯周病になりやすくなったりします。しっかりとケアを行いましょう。

入れ歯のお手入れ方法

まず、入れ歯専用のブラシでこすり、付着したぬめりを落とします。天然歯を磨く用の通常の歯ブラシや歯みがき粉は使用できないので、専用ブラシをご使用ください。細かな傷がつくとそこに細菌が繁殖しやすくなります。また、洗浄中に入れ歯を落とすと壊れてしまうことがあるため、水を張った洗面器の上などでお手入れしましょう。その後、入れ歯洗浄剤を溶かした水に一定時間(使用しない夜間など)漬け込み、細かな部分の汚れを落とします。

入れ歯はご自身が毎日行うメンテナンスと同時に、使用感が悪くなってきたら歯科医院で調整してもらうことが重要です。入れ歯のお悩みがあれば、「フレンド・デンタル・オフィス」へお気軽にご相談ください。