セラミック治療

目立つ銀歯や差し歯を白い素材に
~セラミック治療~

口を開けた際に「虫歯治療時に入れた銀歯が気になる」という方は多いでしょう。保険適用で使用できる素材は、歯科用レジン(プラスチック)や銀色の金属に限定されており、経年劣化や見た目の不自然さが目立つ場合があります。目立つ銀歯を何とかしたいとお考えであれば、透明感のある白い陶材を使ったセラミック治療を検討してみませんか?川口の歯医者「フレンド・デンタル・オフィス」では、セラミック治療で天然歯のような美しい見た目を実現します。

歯の審美性と機能性を高めるセラミック治療

セラミックは、白い陶製の詰め物や被せ物なので、金属アレルギーの心配がありません。また、強度が十分にあるため耐久性が良いうえ経年劣化もせず、半永久的な美しさが維持できます。さらに、白さの調整にも対応。歯列の中で自然に馴染ませる色を選べます。

一方、保険適用で使用される銀歯は、見た目が良くないだけでなく、経年劣化で金属が溶け出し、それが金属アレルギーを引き起こすことも。また、内側に金属を配した被せ物などは、歯と歯ぐきとの間に金属イオンによる黒ずみが発生したり、内側の金属が露出して見えてしまったりするというデメリットがあります。

当院では、生体親和性が高いだけでなく、お口周りや全身にほとんど悪影響をおよぼさないセラミック治療をおすすめしています。見た目だけでなく噛み合わせの改善など機能性の向上も目指しているので、「セラミックを検討したい」という方はぜひ当院にご相談ください。

「フレンド・デンタル・オフィス」のセラミック治療

川口の歯医者「フレンド・デンタル・オフィス」では、患者さんのご希望をじっくり伺ったうえ治療を提案します。当院がセラミック治療を患者さんに提案する際に重視しているのが、永く美しさを維持するための耐久性や、装着した時の噛み合わせのバランスです。噛む力がかかりやすい奥歯には強めの素材を使用するなど、部位によって異なる種類のセラミックの提案もしています。

また、専門家からの意見として複数の治療計画を立案。おすすめの理由やデメリットなどもしっかり説明したうえで、患者さん自身に治療をお選びいただきます。セラミックの色に関しては、シェードガイドと呼ばれる色見本を用いて、患者さんと一緒にどの色がいいか決めていきます。

セラミック治療に特化した歯科技工士が対応

当院の母体である「医療法人社団 歯友会」は、法人として歯科技工所を併設しています。歯科医師と歯科技工士が密な連携を取ることで、患者さんのご要望をしっかりと伝達。シェードガイドを用いて患者さんと選んだ色を歯と並べた写真を撮影し、歯科技工士へ伝えます。一人一人に合わせて色や形を調整し、完全オーダーメイドで精度が高く、患者さんの満足度の高いセラミック治療を実現します。

また、噛み合わせの調整や、被せ物の適合性を高めるために、当院ではマイクロスコープを使用。セラミック治療は自費診療となるため、決して安くはない費用がかかりますが、その分、セラミックの豊富な知識と高い技術力を誇る歯科技工士が十分な時間をかけて補綴物を製作します。

当院で取り扱っているセラミック

e-max

二ケイ酸リチウムガラスという強度と審美性を兼ね備えた素材を主成分とした被せ物です。非常に透明感があるため、天然歯にも負けない綺麗な色調が再現できます。また、強度が高いうえに天然歯に近い摩耗性があるため、噛み合う歯に優しい被せ物です。

メタルボンド

ゴールドをベースにした合金をすべてセラミックで覆った被せ物です。表面はすべてセラミックなので前装タイプと比べて審美性の高い被せ物です。透明感は、すべてセラミック素材を使用したオールセラミックにはやや劣ります。

ジルコニア

人工ダイヤモンドと呼ばれ、人工関節に使われるほど生体親和性の高い素材であるジルコニアを使用した、すべてセラミックの被せ物です。金属と同じくらいの強度を持ちながら、金属アレルギーの心配がありません。金属を使用しないため、光の透過性があり、審美性が極めて高い被せ物でもあります。

ラミネートベニア

歯の表面にセラミックを接着する治療です。表側だけを削るので、他の被せ物に比べて歯を削る量が少なくてすみ、審美的にも優れた治療方法です。