お知らせ

骨隆起

2021.6.30

目次

こんにちは。川口市の川口駅から徒歩5分の歯医者
「医療法人社団歯友会 フレンドデンタルオフィス」の歯科医師の花田です。
今回は「骨隆起」について記載したいと思います。

下あごや上あごの内側にコブのようなものがあることに気づいたことのある方はいらっしゃいますか

これを骨隆起といい、あごの骨が部分的に過剰発育した状態です。

よくできる場所は上あごの真ん中や下あごの内側です

 

骨隆起ができる原因

骨隆起ができる原因ははっきりとわかってはいませんが

遺伝的なものや歯ぎしりなどで歯に力が強くかかることだと言われており、

強い力があごの骨にかかることによって骨が発達すると考えられています。

就寝時の歯ぎしりや食いしばりはとくに普通に噛むときの何倍も力がかかるので歯や骨に大きな負担をかけます

そういった場合は歯やあごを保護するためにマウスピースのご使用をお勧めします。

骨隆起とは少し話がはなれますが、強い力での食いしばりや歯ぎしりではむし歯などではない健康な歯でもひび割れたり欠けたりすることがあります。

せっかくきれいに磨いていても歯が割れてしまったら場合によっては歯を残せないこともあります。

そういったことを予防するにもマウスピースは効果的です。

骨隆起の対処

基本的に一度できた骨隆起は自然に治ることはありません。

骨隆起は麻酔をした状態で削りとることが可能です。

ただ骨隆起ができたからといって必ず取らないといけないこともありません。

あまりにも気になる、入れ歯を作るのに骨隆起に当たって痛い、話しづらいといった場合に切除が必要となります。

 

 

骨隆起の判別

ある日、ふとした時に鏡でみたりして骨隆起を見つけた方のなかには癌を心配される方がいます。

骨隆起と癌の主な違いは硬さです。

骨隆起は骨のでっぱりなので硬いですが、それに対して癌は指などで触るとある程度の柔らかさがあります。

ただご自身での判断はよくないので心配であれば一度歯医者を受診されることをお勧めします。

 

 

心配なこと、わからないこと、もう少し詳しく聞きたいことなどございましたら

川口駅近くの当院に是非ご気軽にご相談下さい。

川口市の川口駅から徒歩5の歯医者「医療法人社団歯友会 フレンドデンタルオフィス」

監修者情報

院長・歯科医師

佐藤

平成3年3月 日本歯科大学 新潟歯学部卒業
平成3年5月 医療法人社団 歯友会 入社
平成13年10月 新宿診療所院長 就任
平成22年12月 フレンド・デンタル・オフィス院長 就任

川口近辺にお住いの地域の方々にとっての「ホームドクター」でありたいと考え、顔馴染みの担当者が診療を行っています。
患者さんとの密なコミュニケーションを実現するために担当医・担当衛生士制を採用し、一人一人の患者さんと信頼関係を築くことを大切にしています。
診療にあたっては、患者さん一人一人に最適な治療方針をできるだけ分かりやすく説明したうえで、十分なご理解とご納得をいただいてから開始しますので、ご安心ください。