虫歯治療・根管治療

歯の痛み・しみる症状は早めのご相談を
~虫歯治療・根管治療~

「歯が痛い、しみる……」といった症状がある場合は、虫歯の恐れがあります。虫歯はごく初期以外は自然治癒することがないので、進行すればするほど痛みや治療によるダメージが大きくなります。川口の歯医者「フレンド・デンタル・オフィス」では、初期の虫歯から根管治療が必要になるほど重症化したケースまで対応。できるだけ患者さんに痛みに苦しまない、できるだけ歯を削らない治療を心がけています。歯の異変に気がついたらお早めにご相談ください。

虫歯治療 ~歯が痛い・しみる~

虫歯のメカニズムと原因

虫歯は、虫歯菌(主にミュータンス菌)の出す酸によって歯質が溶かされ、歯に穴が空いてしまうお口の病気です。虫歯菌は普段、歯垢の中に潜んでいて、食後お口に残った糖分をエサに虫歯菌が酸を出します。虫歯を防ぐためには、お口の中の虫歯菌を減らし増殖を防ぐことのほかに、食後のブラッシングでお口に糖分を残さないことが重要です。

虫歯は進行するにつれ治療にも時間がかかります。「歯が痛い」と思った時には虫歯がかなり進行している恐れもあります。そのため、虫歯は早期発見・早期治療が肝心と言えるでしょう。歯が痛いと感じたなら、お早めに当院へご相談ください。

虫歯の進行段階と治療

C0:初期の虫歯
症状歯の表面が白濁しています。歯に穴は空いておらず、自覚症状はありません
治療方法フッ素塗布や適切なブラッシングで自然治癒することがあります
C1:エナメル質の虫歯
症状歯の表面にあるエナメル質に穴が空き、茶色、または黒っぽく見えます。痛みはありません
治療方法虫歯に溶かされた部分を削って、詰め物で補います
C2:象牙質の虫歯
症状虫歯が象牙質まで侵食した状態です。冷たい物・甘い物を口にするとしみるようになります
治療方法C1同様、虫歯に溶かされた部分を削って、詰め物や被せ物で補います
C3:神経の虫歯
症状歯の内部を通る神経まで虫歯に冒されている状態です。激しい痛みがありますが、神経が死ぬことで痛みも感じなくなります
治療方法根管治療で歯の根っこを残しつつ、被せ物を装着します
C4:歯根に達した虫歯
症状歯のほとんどが溶かされた状態です。歯根部に膿がたまり炎症を起こすと再び激しい痛みに襲われます
治療方法ほとんどの場合で、抜歯が必要に。インプラント入れ歯で歯の機能を取り戻します

「フレンド・デンタル・オフィス」のできるだけ痛みを感じさせない治療

当院では、治療時にできるだけ痛みを感じさせない工夫や、できるだけ削らない治療の実現に取り組んでいます。虫歯治療の場合、治療中より麻酔注射に痛みを感じがちです。治療する場所に麻酔の薬を注射して痛みをなくす方法を「浸潤麻酔」と言いますが、当院ではこの浸潤麻酔を行う前に表面麻酔を行います。注射針を刺す部分に麻酔液を直接塗布することで、注射の痛みを感じにくくさせています。

また、虫歯に冒されている部分だけを削り、健康な部分を削ってしまわないよう、治療の際はマイクロスコープを使用。マイクロスコープは患部を拡大して見ることができる歯科用顕微鏡で、肉眼で確認しにくい部分をしっかり拡大して見ることができます。虫歯に冒されていない歯質を余分に削ることを防ぎます。

根管治療 ~歯を残した治療を~

重度の虫歯でも根管治療で天然歯の歯根を残します

歯の内部まで虫歯に冒されたケースでも、根管治療を行えば天然歯の根の部分を残せる可能性があります。抜歯は、治療した歯や顎の骨だけでなく、お口全体の歯列を乱す恐れがあるため、できるだけ避けるべきです。

根管治療では、歯の内部の虫歯菌に冒された神経や血管などの組織を取り除き、薬剤を詰め、上から被せ物(クラウン)を装着します。天然歯の根は維持しながら、歯冠部を人工の歯で補うことで、抜歯を回避しながら歯の機能を回復させます。ただし、根管治療を行った際に虫歯に冒された組織の取り残しがあると、被せ物の下や歯根部で虫歯が再発する恐れも(二次カリエス)。最悪の場合、抜歯せざるを得なくなります。そのため、根管治療はより精密さが要求されます。

マイクロスコープを使用した精密な根管治療

根管治療は、根管内を洗浄して綺麗にしたうえで薬剤を緊密に根管内に充填し、最終的に被せ物を装着する治療です。当院では根管治療に際し、患部を30倍程度に拡大して見ることができるマイクロスコープを使用します。これにより、汚染された歯質を適切に除去できるだけでなく、詰め物・被せ物のより正確なセットを実現します。

また、当院ではよりクリーンな環境下で精密な治療を実現するために、オペ室(完全個室)を用意。衛生管理が徹底しやすいオペ室なら、より清潔な環境で安全安心の精密治療を行えます。他院で抜歯しなくてはならないと言われた場合でも、当院なら歯を残すことができる場合があります。まずは一度ご相談ください。

「フレンド・デンタル・オフィス」の根管治療の流れ

STEP 01精密検査

虫歯の状態を確認するためにマイクロスコープを使用した診察やCT撮影などを行います

STEP 02抜髄(ばつずい)

麻酔をして虫歯に汚染されている歯髄(血管や神経の集まり)を取り除きます

STEP 03清掃・計測

抜髄後の穴の中に汚染物質が残らないよう、内部をしっかり清掃し、歯の内部の深さを測ります

STEP 04洗浄

根管内部を徹底的に洗浄し、消毒します

STEP 05薬剤の充填

根管内へ薬剤を充填し、専用の薬剤で根管を埋めます

STEP 06被せ物の設置

歯根に土台を構築し、被せ物(人工の歯)を装着して完了です