衛生管理について

安全安心の歯科治療のために ~衛生管理体制~

川口の歯医者「フレンド・デンタル・オフィス」では、患者さんが安心して歯科診療に臨めるよう医院全体で感染予防対策を徹底しています。使用する器具の徹底した滅菌・殺菌・消毒・洗浄に取り組むほか、個室診療室での診療や口腔外バキュームの活用を実施。さらに、院内清掃・美化に力を入れ、快適で安全な環境での診療に努めています。

あらゆる細菌・ウイルスを死滅~オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)~

オートクレーブは、高圧力の130度の蒸気で、細菌やウイルスを滅菌する装置です。あらゆる細菌・ウイルスを死滅させられるのが最大のメリットですが、この装置に入らない大きさの器具や、高温に耐えられない素材の器具もあります。オートクレーブでの滅菌ができない器具については、薬液や強酸性水、紫外線などを使用した滅菌を行います。

薬液を使った化学的な滅菌・殺菌・消毒~グルタラール製剤~

厚生労働省が定めたガイドラインに従い、グルタラール製剤を使用して細菌やウイルスの化学的な滅菌および殺菌消毒を行っています。浸漬する場合には作業者の防護もしっかりと行い、浸漬容器には必ず蓋をして業務上の感染を予防。また、薬液の濃度や温度によっても効果が変わってくるので、厳密に計測したうえで滅菌作業を行います。

安全性と殺菌能力の高い水
~強酸性水~

強酸性水とは水に少量の食塩を加えて電気分解させたもので、次亜塩素酸を豊富に含む強い殺菌性のある液体です。さまざまな微生物の生存・繁殖の抑制・死滅が期待できます。歯科医療現場では、器具類の殺菌のほか、口腔内の洗浄や痛み止めや止血などにも活用されています。

太陽光の数百倍のパワーで殺菌
~紫外線~

生物の細胞内にある核酸に紫外線を照射し吸収させると、核酸が化学変化を起こし、新陳代謝を阻害できます。この原理を利用して紫外線を使用済みの器具に照射し、細菌・ウイルス増殖能力を奪ったり、高い照射量で原形質を破壊したりすることで殺菌処理を行っています。菌の種類・温度・湿度・その他の条件によって殺菌力が異なるので、放射照度と照射時間の組み合わせを適切に行うことを心がけています。

万全の二次感染対策

患者さんへの院内感染防止はもちろんのこと、有病者の器具の取り扱いと管理も徹底しています。適切な器具の取り扱いと管理を徹底することに加え、診療・治療時(補助を含む)の手袋の着用を義務付けています。また、感染症などの症状を罹患している患者さんの場合は個室診療室での対応、口腔外バキュームの活用などを徹底。万が一の場合の飛沫感染の予防にも努めています。

川口市で「衛生管理の行き届いた歯科医院」をお探しなら

医療法人社団 歯友会を母体とする「フレンド・デンタル・オフィス」では、徹底した器具の滅菌・殺菌・消毒だけでなく、施設全体の清潔さの維持にも力を入れています。いつもキレイで清潔、院内感染などの不安がない歯科医院をお探しなら、川口の歯医者「フレンド・デンタル・オフィス」をお訪ねください。